更新のことすっかり忘れてたからライオンズ戦の写真!!!

f:id:mochiyuba:20160807224400j:plain

試合前でござい。

 

持崎湯葉です。

やってしまいました。

忘れてました、ブログ更新。真田丸見てお酒呑んで余韻に浸っていたら、忘れてしまっていました。この意識の低さよ。小日向さん演技すごかったですよね。

アルコールも入ってしまっている状態での稚拙な文章を、みなさまの目に触れさせるわけにはいきません。

そこで今週は、先日行ったライオンズ戦の試合で撮った写真を思い切ってばらまこうと思います。わーい写真ブログみたい!

それでは、ご覧ください。

 

 

f:id:mochiyuba:20160807225638j:plain

来たぜ! 快晴!

 

f:id:mochiyuba:20160807224434j:plain

お、円陣かな?

 

f:id:mochiyuba:20160807224438j:plain

準備運動だったぜ!

 

f:id:mochiyuba:20160807224448j:plain

仲良しだぜ! そしてこの解像度でも金子選手はイケメンだぜ!

 

f:id:mochiyuba:20160807224441j:plain

あっ、翔さんだ!

 

f:id:mochiyuba:20160807224452j:plain

翔さんと杉谷選手の絡み! 絶対面白いこと話してる!

 

f:id:mochiyuba:20160807224519j:plain

突然の猫!

 

f:id:mochiyuba:20160807225641j:plain

さあ試合開始だ! いい笑顔!

 

f:id:mochiyuba:20160807224456j:plain

大谷選手だ!

 

f:id:mochiyuba:20160807224459j:plain

スタイル完璧かよ! かっけえ!

 

f:id:mochiyuba:20160807225644j:plain

ラッキーセブンの攻撃! 風船の飛び交う風景ぜんぜんうまく撮れない!

 

f:id:mochiyuba:20160807224509j:plain

牧田投手! すごい躍動感!

 

f:id:mochiyuba:20160807224431j:plain

突然の宣伝! 好評発売中!

 

f:id:mochiyuba:20160807224513j:plain

勝った!!! ヒーローは2HRの秋山選手!

 

f:id:mochiyuba:20160807224517j:plain

また来るぜーーー!

 

はい。以上です。

いやーいい試合でした! 勝てたからこんなこと言えるんですけどね!

たまにはこんな色あざやかな記事もいいよね!!!

ということで、今週はこの辺で勘弁してください……_○/|_

 

ちなみに来週は『質問に答えます』やります。質問がたまってきたので。

来週答えられるかはわかりませんが、質問はいつでも受け付けていますので、ある方は本ブログのメールフォームか、Twitterの方までぜひ!

 

それでは。

また来週です。

 

持崎湯葉

 

続・美容院での会話

f:id:mochiyuba:20160731203747j:plain

不法侵入。

 

持崎湯葉です。

前にもここで告白しましたが、僕は美容師さんとの会話が苦手なのです。

なにより話しかけたら悪いなーという気持ちが先行してしまうんですよね。

しかし……しかしです。

先日なかなか興味深い美容師さんと出会いまして。

今回はその話をさせてください。

その美容師さんというのが、女性なんですけど、だいたいこんな感じの人です↓

「本日担当させていただきます〇〇ですっ。今日はどんな風にっ? はいはいっ、あーなるほど前髪残し系ですねっ。わっかりましたそれじゃ失礼しますっ。お客さんアレですねっ、芸能人のだれかに似てるって言われませんっ? えーすごい似てるんだよなーだれだろなーっ。そういえば私前に〇〇に似てるって言われたんですけど、似てると思いますーっ?」

むっっっっっちゃしゃべる!!!

もう次から次へと話題が展開していくんですよ。

基本的にノリが軽いっ。語尾に「っ」が付属しているのがデフォなのです。

そして結局僕がだれに似ているのかは教えてくれないのです。

ただもちろんですけど、僕の言葉にもちゃんと耳を傾けてくれます。僕の発言に対して3倍くらいの分量で返してくれるのです。

いわゆる、コミュ力モンスターと呼ばれる人種の方なのでしょう。

正直気圧されましたよね。こんな美容師さんに当たったことホントに皆無なので。

気を遣わずに話せたので楽でしたけどね。

しかしひとつ気になっていたのが、そんなしゃべっていて僕の頭髪は大丈夫なのか、ということです。

だいぶ失礼ですけど、そりゃ思ってしまいますよ。だってずっとしゃべってるんですもの。いつの間にか好きな家電メーカーの話になっていましたからね。普通美容師さんとそんな話しします?

不安を抱えつつも、施術が終了しました。

しゃべり尽くして満足そうな美容師さんは、鏡を見ながらこう言います。

「こんな感じですが、どうですかっ?」

僕は心の中で、こう叫ぶのでした。

かんっっっっぺき!!!

もうね、今まで出会ってきた美容師さんの中で、一番うまかったです。

絶対次もこの人に頼もうと、僕は心に誓いました。

コミュ力と技術を兼ね備える、まさに天が二物を与えた美容師さんのお話でした。

 

さてさて。

新刊『その10文字を、僕は忘れない』、発売されていますよ。

各方面から感想もいただいております。ありがたやありがたやです。

今後ともよろしくです。

それでは、今週もありがとうございました。

また来週です。

 

持崎湯葉

 

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

 

 

『その10文字を、僕は忘れない』発売しました!

f:id:mochiyuba:20160724191908j:plain

夕日と黒猫となんかすごいヒビ割れた石畳。

 

持崎湯葉です。

ついに発売されました! 

新刊『その10文字を、僕は忘れない』!

僕も本屋でこっそり売り場を見に行ったりしています。そしてその度に原作者だとバレたらどうしようと思っています。

いやバレるわけないけどね。

さて、各専門店などでは購入すると特典も付いてきます。

ゲーマーズさまではブロマイド、とらのあなさまではイラストカード、メロンブックスさまではSSつきリーフレットとなります。

それぞれ限定品ですので、よろしければぜひ!

また、試し読みもできるようになりました。

ダッシュエックス文庫 | その10文字を、僕は忘れない

上記のページにて、読むことができます。こちらもぜひ!

 

僕としても2年目最初の本というだけでない、大きな価値がある作品になったと思っています。渾身、と言ってもいいと思います。

ぜひ多くの人に読んでほしいです。

また感想などもいただけるとうれしいです。そちらはTwitterやブログの左にあるメールフォームからお願いします。

 

それでは、また来週です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

持崎湯葉

 

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

 

 

『その10文字を、僕は忘れない』特集④

f:id:mochiyuba:20160717212120j:plain

7月22日発売!

 

持崎湯葉です。

いよいよ来週です。来週なのです。

新刊、『その10文字を、僕は忘れない』発売日!!!

これが発売前最後の記事ということになります。

総括ということになるでしょうか。

まず改めて、あらすじを載せておきます。

 

f:id:mochiyuba:20160626231122p:plain

 

こうして読めばどことなくわかると思いますが、本作はラブストーリーです。

ただ前作『二線級ラブストーリー』とは毛色のちがうラブストーリーだと思います。

二線級が変化球主体の投球ならば、10文字はストレート主体の投球といった感じです。よくわからないですね。

僕からしてもはじめてな感じのお話だと思っています。

そのせいもあり、完成までにだいぶ長くかかってしまいました。

だから良い作品なんだ、とは言えませんけどね(笑)。制作時間と質は必ずしも比例するものではないでしょうから。

ただ僕としては、作家として宝箱を開いたような感覚の残る作品になったと思います。

 

すみません……ネタバレをしないようにと思って書いていたら、とても抽象的な文章になってしまいました。

とにもかくにも、泣いても笑っても、来週金曜日に発売されます。

ぜひ、蒼とすみれの成長と、ふたりの紡ぐ物語を、見てやってください。

 

ちなみに一部書店にて購入すると、特典もついてきます。

なんかいろいろあると思います。ショートストーリーも1本書きました。

後日、ダッシュエックスのブログや僕のTwitterでお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

 

それでは。

今週もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また来週です。いい1週間になりますように!

 

持崎湯葉

 

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

 

 

『その10文字を、僕は忘れない』特集③

f:id:mochiyuba:20160710200233j:plain

そんな暑そうな毛皮着てるから……。

 

持崎湯葉です。

くるぞくるぞー。新刊発売日がくるぞー。

残り2週間を切りました、『その10文字を、僕は忘れない』。

先週告知したとおり、今回はサブキャラの紹介をします。

名前のあるキャラは、主人公・ヒロインを除けば、4人です。

 

・高千穂弥生(たかちほ・やよい)

主人公・蒼の親友のひとり。

傍若無人なはねっかえりさんです。姉御肌、とも言えますかね。

KYのように見えて、あえて空気を読んでいないようにも見える、そんな女の子です。

どうでもいいですけど、本当に空気を読むのがうまい人って、それを周りに気づかれないようにしている人が多いですよね。なんでなんですかね。

もうひとつどうでもいいですけど、この子、けっこう胸が大きいです。

 

・上原恵成(うえはら・けいせい)

主人公・蒼の親友のひとり。彼と蒼と弥生の3人でいることが多いです。

けっこういいやつです。弥生のブレーキ役、といったところでしょうか。

見た目もイケメンで、ぶっちゃけ蒼よりも主人公気質です。

このようにスペックは高いですが、恋愛下手で、長年とある人に片想いをしています。

どうでもいいですけど、イケメンな上に性格いいやつって、けっこういますよね。やっぱりイケメンであるがゆえの余裕から、精神も良質に育てられるんですかね。

 

・小花衣灯子(こはない・とうこ)

道教諭であり、ヒロインすみれの保護者(いとこ)。

どちらかといえば型破りな教師です。職場でも着たいものを好きに着る、やりたいことをやる、そんなグレートティーチャー小花衣です。

基本生徒には、特に蒼には厳しいです。ただいとこであるすみれにはだいぶ甘いです。まあすみれ、かわいいですもんね。しかたないです。

どうでもいいですけど、こういう一風変わった先生って、一番生徒から好かれてたりしますよね。やっぱそういう大人のほうがカッコよく見えるものなんですかね。

ちなみに僕の通ってた高校には、毎日ハーレーで出勤するおじいちゃん英語教師がいました。授業もやはり破天荒で厳しい先生でしたが、けっこう人気でしたね。彼の言葉で一番頭に残っているのは「ハンサムほど美人局に遭いやすいから気をつけろ」でした。どんな話の流れでその発言をしたのか、今となってはわりに謎です。

 

・河見みみこ(かわみ・みみこ)

蒼・すみれ・弥生・恵成のクラス担任。小花衣先生とも仲良しの、世界史教師です。

小花衣先生とは打って変わって、真面目な先生です。

若くてほんわかしているので、生徒からよくいじられる愛されキャラです。

名前の奇特さについては本編でしっかり触れるので、お楽しみに。

どうでもいいですけど、高校時代、こんな若くて良い先生が担任だったら、僕は確実に惚れていたと思います。うわっ、本当にどうでもいい。

 

こんなところです。

全体を通してそこまで登場人物が多い作品ではないですが、その分それぞれのキャラをしっかり立てたつもりです。

ぜひ、彼らの活躍も見てやってください。

 

それでは、今週はこの辺で。

また来週です。

 

持崎湯葉

 

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

 

 

『その10文字を、僕は忘れない』特集②

f:id:mochiyuba:20160703190117j:plain

ポケモンだったらバトルはじまりそう。

 

持崎湯葉です。

じわじわ近づいています、新作発売日。

わくわくだかドキドキだかわからない感覚が続いています。ひえー。

さて、今週も『10文字』特集です。

今回はメイン登場人物の紹介をします。

主人公とヒロインのふたり、ということになりますね。

 

・島崎蒼(しまさき・あお)

本作の主人公になります。すべて、彼の視点より描かれます。

いわゆる無気力系男子です。すべてにおいてやる気を出そうとしない人です。

かわいくないタイプの若者ですね。人によってはこういうのがかわいいのでしょうか。

もしくは読み進める中で、かわいくなっていくのかもしれません。

 

・宮崎菫(みやざき・すみれ)

本作のヒロインです。表紙の子ですね。

やさしく、素直で、真面目な女の子だと思います。

まんまるな目とタヌキ顔がかわいらしい、小動物系女子ですね。タヌキは小動物じゃないですけどね。

彼女は、1日に10文字しかしゃべることができません。

それにより、普段はスケッチブックをもちいて会話をします。

なぜそうなったのかは、本編において明確に描いております。

 

このふたりが巡り会うことで、物語ははじまります。

ボーイミーツガールということになるのでしょうか。

とにかくこのふたりの関係を、じっくりと描ききったつもりです。

この物語はまぎれもなく、蒼とすみれのラブストーリーです。

ただこのふたりの関係は、ふたりのみでは育むことはできなかったと思います。

そこで活躍するのが、サブキャラたちというわけですね。

次週はそんな彼らの紹介をしようと思います。

 

それでは。今週はここまでで。

また来週です。

 

持崎湯葉

 

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

 

 

『その10文字を、僕は忘れない』特集①

f:id:mochiyuba:20160626001732j:plain

ここから見える夕日は、いつだって生きる意味を問いかけてくるんだ……。

 

持崎湯葉です。

 さて、新刊『その10文字を、僕は忘れない』の発売までの残り1ヶ月となりました。

 なので今週から発売後まで、新刊特集の記事をあげていこうと思います。

初回の今週は、あらすじを公開し、かるーくお話します。

ホント、かるーくですよ! 発売前にネタバレとかシャレにならないですからね!

というわけで、以下があらすじとなります。

f:id:mochiyuba:20160626231122p:plain

これが、本の裏表紙に書かれるであろう、あらすじになります。

さて、本作のイントロは、主人公とヒロインとの出会いからはじまります。

出会いとは言っても、クラスメイト同士なんですけどね。

主人公はサボり気味の無気力系男子、そしてヒロインはあらすじの通りちょっと浮いた存在なので、教室にて交わることがなかったのでしょう。

しかしとあるきっかけにより、ふたりの距離は急激に近づくのです。

それから、ふたりの恋物語ははじまるのでしょう。

ではそのきっかけとはなんなのか。それは、発売までのお楽しみということで。

試し読みが開始されれば、それでもわかるので、その際はぜひ。

発売日が近づいたら、より深く掘りこんでいこうと思います。

 

それでは、今週はこの辺で。

また来週です。

 

持崎湯葉

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)