じゃあ白猫に横切られたら幸せなのか

f:id:mochiyuba:20150530122402j:plain

 

持崎湯葉です。

黒猫に前を横切られると不幸になるって、本当なんですかね?

たしかに写真の黒猫は、世界の悪意をすべて背負ったような面構えしていますが。

それは僕の写真技術に依るところですよね。

しかし黒猫さんも迷惑でしょうね。人の前を横切るだけで不幸の象徴にされて。

逆に「あ、どうも」みたいな感じで平行にすれ違えば幸せになれるんですかね?

でもじゃあ某宅配業者さんが街を走り回っている日本は幸せ? 不幸せ?

はっ……! まさか日本国民の幸不幸は、彼らによって操作されて……!?

 

さて、アホみたいな話はこれくらいにして。

幸せも不幸せも日頃の行いに依存するものです。猫や宅配業者さんのもたらすものではありません。わあ、綺麗に締まった。

モノノケグラデーション2巻も無事発売されたわけですが、近々また別の本が出ます。

あわただしい、あわただしい。

講談社ラノベ文庫さまにて7月2日に発売されます。

タイトルは『二線級ラブストーリー』。

第3回講談社ラノベチャレンジカップ佳作受賞作です。

イラストは籠目さまです。すごく可愛く描かれていて、今からわくわくしています。

気になった方はぜひぜひ。

 

それでは、今週もありがとうございました。

読んでくださったみなさまに幸あれ。

あとライオンズ、交流戦もがんばれ!

遠征距離12球団で一番短いらしいけど、がんばれ!

 

持崎湯葉