行間に込められた万感の想い

f:id:mochiyuba:20150919193747j:plain

いつでも、遠くからでも、見ているよ。

 

持崎湯葉です。

夏も終わりましたが、今日はひとつ趣向を変えてみましょう。

怖い話をひとつ、させていただきます。

あれは先日のこと、僕はとある公衆トイレの個室に入りました。

薄暗い、隔絶された空間の中、僕はなにか違和感を感じました。

嫌だなー、怖いなー。

そう思いながら便器に座りました。

そこで、見てしまったのです。

壁に浮かび上がる、不気味な文字……ッ!

『ヒナコ いつでもできます 090-××××-××××』

 

 

 

そういえば、今シーズンの野球ももう終わりですね。

西武、クライマックスシリーズ行ってほしいです。

それと、西口選手の引退も発表されました。

これに関しては、またいつか語らせてください。

これだけは言えます。西口選手は、僕にとって非常に大きな選手でした。

ひとまず、お疲れさまでした。

 

それでは、今週はこの辺で。

ありがとうございました。

 

持崎湯葉