長くなった爪を見るとみぞおちがウズウズするタイプ

f:id:mochiyuba:20160206185621j:plain

生きるって、なんだろう。

 

持崎湯葉です。

みなさん、迷信って信じるほうですか?

ぼくはですね、もうめっちゃ信じちゃうタイプなのです。

だから北枕で寝たことなんてないですし、霊柩車を見たら親指隠しますし、黒猫が横切りそうになったら全力で逃げます。

そんなぼくですが、どうしても許せない迷信があります。

夜に爪を切ると親の死に目に会えない、というものです。

なんなんですか? なにを考えてこんな迷信作ったんですか?

普通に考えて、爪って夜切るものじゃないですか。

仕事から帰って、ゆっくりお風呂にでも入ったあと、やわらかくなった爪をぱちんぱちんやるのが幸せなんじゃないですか。

こんな迷信に従ってたまるかーーーっ!

と、夜にぱちんぱちんやったりたいところですが、やはりぼくにはできないのでした。

もし万が一親の死に目に会えなかったとき、「あの夜爪切ったからだーーーっ!」って思いたくないじゃないですか。

はい、そうです。

ただ怖がりなだけでした。

みなさん、爪はできるだけ日中に切りましょう。

 

それでは、今週はこの辺で。

はやく野球見てーーーっ!

 

持崎湯葉