道を聞かれたい

f:id:mochiyuba:20160312131311j:plain

絶対眩しいでしょ、それ。

 

持崎湯葉です。

道を聞かれる人と聞かれない人の差ってなんでしょうね。

話にはよく聞くんですけど、道を聞かれる人って本当に至るところで声をかけられるらしいですね。繁華街とか、旅行先とか。

ぼくはですね、まっっっっっったく聞かれないのですよ。

人生で一度も、ですよ? ちょっとおかしいですよね?

渋谷・新宿・池袋など人の多いところにもよく行くのですが、まったくです。

聞かれたら聞かれたで面倒なのかもしれませんが、全然聞かれないというのもさみしいのですよ。

ほかにも、「写真撮ってください」というのも言われた覚えがないです。

あとこれは関係ないのかもしれないのですが、職務質問もされたことないです。

深夜に散歩することもけっこうあるのですが、ないのです、職質。

警官でさえ、近寄りがたいのでしょうか、ぼくは。

はっきり言います。

うらやましい!!!

「よく道聞かれるんだよ」「よく職質されるんだよ」と迷惑そうに言われても、もはやぼくには自慢にしか聞こえないのです。

あーーーされたい! 職質されたい!

ピエロみたいな恰好でブリッジしたまま歩いてやろうか!

そうして「お兄さんなにしてるの?」って言われたら、こう言ってやるのです。

「道を教えてください。人生という名の、道を」

はい、くだらなーい!

また来週!

 

持崎湯葉

広告を非表示にする