真田丸が面白い!(またしても新刊情報アリ)

f:id:mochiyuba:20160612191506j:plain 

f:id:mochiyuba:20160612191508j:plain

あ、うん。聞いてる聞いてる。

 

持崎湯葉です。

今日は語らせてください。真田丸について語らせてください。

真田丸がね、ほんと面白いですねぇ。

毎週楽しみに見ています。そして毎週45分が短いのです。

なんなのでしょう、あのテンポの良さ。構成が美しいほどに洗練されているのです。

またさすがの脚本三谷幸喜、コメディシーンも軽快で楽しいですねぇ。ストーリーの邪魔にならないほんのちょっとの笑いが憎いのです。

そしてなにより秀逸なのは、キャラクターの個性ですよね。

主人公真田信繁のヒロイックな才能はカッコイイです。周囲を虜にしていく天才です。まるでラノベの主人公のようです。こんな主人公が書きたい!

一番好きなのはお父ちゃん、真田昌幸です。腹黒です。戦狂いです。でも渋いのです。カッコイイのです。たまに漂う哀愁が心震わすのです。こんなおっさんも書きたい!

正直なこと言うと、学生時代は僕、歴史嫌いだったのですよ。

「昔のこと学んでなんになるんだ! 俺は未来を生きるんだ!」

とかわけのわからないことを本気で思っていたのですよ。

しかし今、真田丸のおかげで目覚めそうです。歴史に。

とりあえずはおさらいがてら、戦国時代を勉強しようかしら。

とにかくワクワクしながら見てます、真田丸

これがあと半年ほど楽しめるのです。なんて幸せなのでしょう。

見ていない方は、今からでもぜひご覧ください。

今週のはもう終わりましたが。

 

さてさて。

先週も告知しましたが、新刊出ます。

7月22日、『その10文字を、僕は忘れない』発売されます。

1日に10文字しか話せない女の子との、ラブストーリーです。

ぜひ、ご贔屓に。

ちなみに新刊のための宣伝って、なにすればみなさん喜んでくれるのでしょうかね?

せっかくブログもTwitterもやってるのでなにかしたいと思っているのですが、なんにも思い浮かびません。

なにかご要望ございましたら、お気軽に連絡ください。ブログにでも、Twitterにでも。

 

それでは。

また来週です。

 

持崎湯葉