質問に答えます③

f:id:mochiyuba:20160619213140j:plain

通りたければ、通ってもいいよ?

 

持崎湯葉です。

大変です。

新作の著者校をしていたら、ブログのことすっかり忘れていました。

ということで、ネタもないので今週は質問にお答えします。

よかった。質問のストック貯めておいて。

こんなときのために、ガンガン質問してくれていいんだぜ!(懇願)

 

Q

ペンネームにはどんな意味が込められているんですか?

A:

なんにも込められていないのです。ごめんなさい。

持崎湯葉って、実はアナグラムなのです。

本名をアルファベット表記して、ぐちゃぐちゃーと並びかえたものとなっています。

と言っても、実はこれ、未完成のアナグアムなのです。

本名を構成するのに、持崎湯葉だけではいくらかアルファベットが足りないのです。

たまたま『持崎湯葉』という名前が出来上がって、「文字余ってるけど、なんかいい感じだし、これでいいか」ということになったのです。

テキトー感がでてますが、今となってはけっこう愛着があったりします。

いい名前ですよね。そうでもないですか? そうですよね。

 

Q

作家をやってて1番楽しい時はいつですか?

A:

これはもう、発売1~2か月前あたりでしょうね。

具体的に言うと、執筆作業はおおよそ終え、あとはもう軽く推敲をしながらイラストを確認するだけだなーという期間です。

自分の作ったキャラが絵になるのは、やはりいいものですよ。

僕は絵が描けないので、余計にわくわくしています。いただいたイラストは大抵、30分ほど恍惚として眺めていたりします。

ちなみに発売1ヶ月前となるとイラストも大概完成してるので、その後はプレッシャーでじわじわ潰されていく時間のはじまりとなります。

現在は、その瀬戸際といった時期です。一寸先は闇です。

 

Q

新作まだですかー?

A:

はい。出ます。お待たせしました。

7月22日、ダッシュエックス文庫より発売されます。

『その10文字を、僕は忘れない』

ラブストーリーです。ゴリゴリのラブストーリーを書きました。

気になった方は、ぜひ。

 

それでは、今週はこの辺で。

また来週です。

 

持崎湯葉

 

広告を非表示にする