読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年もありがとうございました。

持崎湯葉です。
大晦日ということで、ご挨拶的な記事をひとつ。
今年出版した著書は2作品。
くしくも単巻の年となりまして。物語を全部書ききった、という意味では充実した年だったのでしょうか。でも巻数少ねぇー!
来年はもっと巻数を出したいです。そのためには執筆スピードをあげないとですけど。
あとはシリーズ。ちゃんと考えたいです。
でも単巻も楽しいんだよなー!!!
そんなジレンマに苦しんでいる今日この頃なのです。
というわけで来年は……どうなるかよくわからない!
ほんとに先が見えません。未知数です。なにが起きるのか2017年! かかってこい!
ちなみに2016年一番印象に残っているのは、知り合いのおじさんに「デビュー作読んだよ! あのモノノケグラディエーター!」と言われたことです。

そういえばブログから離れた期間にも、ありがたいことに質問がいくつかきていました。ありがてぇー!
というわけでここからは質問に答えていこうと思います。

Q
最近読んだ本ありますか?
A
最近読まなくなっちまいましたね~。作家として勉強しなきゃなんですけどね。
ただそれでもかろうじて読んだのは「りゅうおうのおしごと」ですね。熱いです。このラノ1位おめでとうございます!

Q
今まで描いてきたキャラで1番自分に似てると思うキャラは誰ですか?
A
むずかしぃー。というのも僕の書くキャラって大概ちょっとだけ僕の性格をあたえるか、まるで違う人間にするかのどちらかなのです。まったく同じ奴はいないんですよねー。
強いて言えば10文字の蒼くんの序盤におけるちょっと情けない感じは、書いてて昔の自分をみるような、同族嫌悪みたいな感情に苛まれました。

Q
けっこうアニメも観てます?
A
なんやかんや習慣って抜けないものですね。ずーっとなにかしら観てますね。今期はユーフォとかユーリとか夏目とか追っかけてました。有頂天家族二期楽しみー!

Q
出版社の印象ってそれぞれどんな感じですか?
A
集英社はごはんを食べはじめたときに電話をしてきて、講談社はシュークリームの袋を開けたときに電話してくる印象です。ほんと、狙い済ましたかのように。僕は監視されているのでしょうか。


以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!
また来年も持崎湯葉をよろしくお願いいたします!
良いお年を!

持崎湯葉