『真面目系クズくんと、真面目にクズやってるクズちゃん #クズ活』特集④

f:id:mochiyuba:20170923174746j:plain

 

持崎湯葉です。

真面目系クズくんと、真面目にクズやってるクズちゃん #クズ活

本日無事に発売されましたーーー!

持崎湯葉の著作、5シリーズ目、6冊目です!!!

というわけで特集もこれで最後なわけですが、正直もう宣伝することもないですよね。あらすじもキャラ紹介も昨日までで終わりまして。

なぜ全4回と公表してしまったのか、自分でもよくわかりません。

そこで前作『彼方なる君の笑顔は鏡の向こう』のあとがきでも行った、タイトルボツ案をいくつか紹介したいと思います!

タイトルって、作品の顔ですから!

それを紹介することは作品の概要を伝えるのと同義だと思うのです、僕は!

さて。本作のタイトルも、わりと悩んでひねり出した印象があります。

そこまで紆余曲折を、ぜひ見てやってください。

 

①『バズれ!真面目系クズくん #クズ活

思いついた瞬間「これはイケる!!!」と叫びましたね。

「俺、天才じゃねっっ?」と自分に酔いました。

翌朝、目が覚めました。

 

②『登場人物だいたいクズ。ひとり聖人君子。

これは実は、最終候補まで残っていたタイトルです。

まあでも、キャッチフレーズ感がありますよね。それはそれで良いんですけど。

僕がタイトルを考えるときの傾向として、「キャッチフレーズ地獄」に陥ることがままあるのですよ。

 

③『なぜあなたはクズなのに、真面目なフリをしているの?

はい。これがダメな方のキャッチフレーズ的タイトルです。

自己啓発本のタイトルか。

 

④『真面目なヤツらは、だいたいクズ。

これはキャッチフレーズな上に何を言っているのか。

 

⑤『限りなく真面目に近いクズくんと、限りなくクズちゃん

限りなく何かをパクろうとしていますね。

 

これらのような有象無象を切り捨てて、本タイトルは生まれたのです。

感慨深いですね。

後半、明らかにネタに走っていますが。

 

さてさて。

改めて本日発売されました、『真面目系クズくんと、真面目にクズやってるクズちゃん #クズ活』。

自信作だと思っています。

今、僕の書ける最高の作品であると自負しております。

まあ作家としての成長って、本を出すたびにどこかで見られなければいけないものなのでしょうが……。

自分を真面目系クズだと思っている人も、クズだと思っている人も、聖人だと思っている人も、それぞれの楽しみ方ができる物語になったと思います。

ぜひ、手に取ってみてください。

 

それでは。

次はいつ頃更新することになるのだろう、このブログ……。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

持崎湯葉